こんにちは。
スタッフMです。



昨日のブログでゴミ屋敷を題材にした本を読んでいると書いたのですが


それは翌日(つまり今日)の現場が
物件G 所謂ゴミ屋敷であった為です。
いわば心理的な準備体操のようなものですね。





こちらのお宅は

物件Gレベル  5段階評定で言うと

レベル4 当社比

なかなかのGです。





畳が見えて歓喜するレベル。


Collage 2020-08-01 20_48_53


Collage 2020-08-01 20_55_03





定期的にお片付けに入っているのですが……
諸事情によりわたくし1人で対応しております。
本来であればスタッフ総動員で対峙して
一気にやっつけてしまうのが理想なのですが……
理想論だけでは語れない。
お客様にはお客様のご事情があります。




人間1人が決められた時間内で出来る事というのは限られています。
作業効率だけを考えれば
スタートから2秒後には時速70キロに達する
チーターのようなモードで臨むのが良いのかもしれない。




しかし、ここで
今一度原点に立ち返ってみましょう。



ゴミ屋敷はなぜゴミ屋敷になるのか




それは



捨てられないから





今日のお客様にもお聞きしました。
なぜ、こうなってしまったのかと。




私はねぇ、片付けができないの。
なにをどこに片付けたらいいのか
さっぱりわからんの。
まぁここでいいか!と置いていくうちに山になって
次使う時にどこいったかわからんなって、また買う。
また、山になるんだこて。




片付けが出来ないなら
本当にいるものだけを残して
他はぜーんぶ捨ててしまってらどう?




わたしはね片付けも出来ないけど
捨てる事もできねんだて。




いつか使おうと思うから?




そうそうそう。
いつか使えるまだ着られるまだ食べられる!!
だからここにあるもの全部捨てられない!!!






そんなお客様の目の前で
スタートから2秒後には時速70キロのチーターが
ゴミの山を切り崩してはゴミ袋にぶちこみ
切り崩してはぶちこみ……
切り崩してはぶちこみ……

はい!キレイになったよ!
なんて誰が言えましょう。



 出来る事は
ゴミの山を1つ1つ開封して
それが本当に必要なのか、いつか使うのかを
一緒に見ること





食品であれば



賞味期限が1999年だから
20年以上前だよ。
もう食べられないよ




カビが生えてドロドロだから
食べたらお腹壊して死んでしまうよ



と、具体的に示してあげること。



Mちゃんがそう言うなら……
これはゴミにする事にする。
↑名残惜しそうw



と、納得してもらって
そこではじめて
ゴミ袋へ入れる事ができる。
ゴミがゴミとなる瞬間です。






いや、どう考えても最初からゴミなんですけどね。笑




そんな作業なので非効率的です。
でもおそらくこのお客様にとっては
これが最善の方法なのだと思います。



物件G と一口言っても
いろんなタイプがあります。
物件G……奥が深いです。





Mちゃんが来てくれる前に
ちょっとでも自分で片付けようと思って
ゴミ袋にいれたんだよー


と。


おお!!
すごいじゃん!!
Hさん1人でよく頑張ったね🙌



そうだろ?そうだろ?
私頑張ったんだて。







だがしかし…… 


Hさんよ……



燃える物も、中身の入った瓶も、缶も
いっしょくたに
市のゴミ袋にぶちこむのはやめてくれ 笑


Collage 2020-08-01 20_53_05




こちらも引き上げ、私が分別いたしました。


ご依頼様ありがとうございました。


以上。
スタッフMでした😀
良い週末をお過ごしください。



C360_2020-06-18-20-06-47-553