こんにちは。
スタッフMです。




街なかに設置しております

「さぽーと看板」

ご覧になった事はありますか?



今日はその看板を取り付けに行って来ました。




Collage 2020-06-18 10_34_45



実はこれ。
の箇所が季節によって変更出来る仕様なんです。




今の季節は……


C360_2020-06-18-20-06-47-553



そう。


「蜂の駆除」



わたくし脚が短いゆえ看板上部まで若干尺が足りず……
あぁ、脚立を持ってくるんだった……
と悔やみながらなんとか設置完。




Collage 2020-06-18 10_36_55





続いてこちらは
中浜倉庫前幟(のぼり)の設置


Collage 2020-06-18 10_38_49


風向きが悪く裏返っています……



裏から見るとこう。


Collage 2020-06-18 10_37_36




ちょっと調べてみたところ
この幟が裏返ってしまう事案には
解決策があるようです。



まず、1案
幟自体を両面印刷にする。
これであれば表から見ても裏から見ても同じなので
ひっくり返ってもなんら問題なし。
裏面を別デザインにする事も可。




続いて、2案
裏抜け(透けて見える事をこう呼ぶそう)を和らげる為に
裏面ヘの透過率が低い印刷にする。




前者は一発解決ですが費用が嵩むので
さぽーととしてはなしですね。
後者も通常プリントより割高にも関わらず
透けて見えるのを和らげるだけ
なので……うーん……私個人としてはなしかな。




はい、3案
左右にチチのあるポールを使用する
さぽーとで使用しているポールはチチが片側のみなので
裏返ってしまったらアウトなんですが
両チチ仕様のポールであれば
よく風が吹いて来る方角をリサーチして
その方角にあわせてチチつけたら良い
というわけです。



ただ、自然相手ですからね。
今日はあっちから風が吹き
明日はこっちから風が吹き
風のご機嫌に合わせてチチを付け替える……





いやだ
他人のご機嫌に振り回される生活なんてごめんだ
人じゃないけど




最後、4案(スタッフM的大本命)


のぼりの裏返り……
うん。
それもまたご愛嬌ね、さぽーとさん
という温かい目で見守っていただく。





幟の裏返りが気になっている企業さん……
ご参考になさってください 。






さて、続いて不用品処分案件


1トン車にいっぱいいっぱい
+ 軽トラック2台分
と、かなりの不用品をお引き取りしたのですが……



積込作業も大方終了した頃
1トン車の上の方を指差し




K子さん  「ねぇ、あのカラフルな棒、何!?」





M  「あれはシャボン玉スティックだよ。中身を出してから分別だね」





K子さん「ねぇ!ちょっと見せて~」





そして私は1トン車の不用品の山の上に上がり、シャボン玉を掘り返し、下にいるK子さんに手渡す。







こういうものです。

Collage 2020-06-18 11_02_02





K子さん「私、これ欲しい~」





んん??
K子さんのご家族には
このシャボン玉を喜ぶようなお年頃の子供はいなかったはず……





M  「K子さん、近所の子供にあげるの??」






K子さん  










「あたしが遊ぶの♥️」










それを聞いた瞬間
1トン車の荷台の不用品の山の一番上から
転げ落ちそうになりましたよ……








あたしが



遊ぶの




この破壊力。






M   「おめさん...自分の歳を考えれww」




K子さん   「うふふ♥️」





頼むから1本はご近所のお子さんにあげてくれ。いや、まじで。







以上。
本日もゆかいな便利屋さぽーとでした。


C360_2020-06-18-20-06-47-553