こんにちは。



引っ越し作業のトラックから下りたら



なんだ??運転手、男だと思ったら女の子だったのか!!



と言われました、スタッフMです。





はなまるクーポンの写真の真ん中の子、うちの息子に似てる!


と言われた事もありました。
え、娘じゃなくて息子なの?笑




このところ同じ現場に当たらず
久しぶりに会ったスタッフKさん


おぉぉ!Mさん、久しぶりだねっけ。
相変わらずイイ女だなー
あ、逆光で目が眩んだだけだった 笑


と。




性別も年齢もよく間違えられますし
稀にイイ女と言われても逆光効果だったりしますが
自分にとってはどれもさほど重要ではないのでそれでよいです🙌
むしろ性別も年齢も超越した存在でありたい 笑




さて、逆光に目が眩んだKさんお仕事っぷりをご紹介😀



Collage 2020-03-05 09_54_20



Collage 2020-03-05 09_53_50



Collage 2020-03-05 09_57_04



Collage 2020-03-05 09_55_22




すっかり綺麗になりました✨



続いて……こちらは問題案件です。


Collage 2020-03-07 19_12_55


敷地内に投げ込まれた

ゴミゴミゴミ……

明らかな悪意を感じます。




警察は基本的に民事不介入ですから
この程度(と言っては申し訳ないですが)で
真剣に動いてくれるかどうかは疑問です。




そもそもゴミの処分というのは……
そのゴミを所有していた人」に責任があります。
言い換えると不法投棄された側に処分する責任はないという事になります。
が、自治体にもまた責任はありません。



多くの場合は不法投棄した相手が特定出来ないので
結局のところ責任などないのにも関わらず
被害を受けた側が泣く泣く
時間労力費用をかけてなんとかするしかない。




こんな理不尽な事ってありますか?





Collage 2020-03-07 18_04_01


Collage 2020-03-07 18_04_25


Collage 2020-03-07 18_04_51





ゴミの分別の際に
不法投棄した人間の個人情報(郵便物)が
混入していないか確認したのですが
やはりそこは用意周到で
特定出来るようなものは何もありませんでした。



激しい憤りを感じる案件でした。

依頼者様の心中、お察し致します。



それではみなさま良い週末を
本日のブロガーはスタッフMでした。


C360_2019-12-24-20-42-50-900